私の『情報収集の方法』を紐解いてみた

 

最近chappieというイラスト作成アプリにハマっています。いともカンタンに似顔絵が完成します。

こんな感じ▼

 

けっこう面白いので、興味ある方はぜひ。

 

さって本日は、

 
最近よく「情報取集の方法」について質問を受けるので、言語化してみます。

 

もう1つよく聞かれるのは「生産性高く仕事するコツ」なんですが、これについてはまたの機会にしたいと思います。

 

まず、私は人一倍「知りたい欲」が強い人間です。
一人っ子という環境で、小学生・中学生の頃に、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいる友達がどんどん私の知らない物・情報に触れているのを見て、とにかく羨ましく思った感情が起因しています。

他人よりも知ることが遅いということがコンプレックスになり、そのコンプレックスを解消するかのように、少しでも気になったものに対しては、すぐに調べる習慣が身につきました。

なので、初めて聞く言葉や気になる言葉があった場合には

即、ググる!!!

 

これが私の習慣になっています。

 

情報ソースを細分化してみます。

 

ウェイトの大きいものから並べてみました。

 

1.SNS

2.本

3.オンラインサロン

4.新聞

5.NewsPicks

6.ブックマークしてるブログ

7.メルマガ

8.dマガジン

 

SNSは、メインはFacebook!

オンラインサロンは4つのほどのサロンに加入中。

新聞や業界紙は広報の仕事上、必須です。個人的には日経MJが好きです。

NewsPicksはオリジナルコンテンツを中心にチェック。

ブックマークしているブログは、マーケティング関連から、好きな読者モデルさんのものに至るまでさまざま。

メルマガは、ひすいこうたろうさんや、マツダミヒロさんのは面白くておすすめ。ダイレクト出版さんのはマーケティングの勉強になります。

dマガジンは最近の流行を掴むため、ざっくり全体をチェック。

 

 

こんな感じです。

 

 

見ているタイミングは・・

 

①朝起きてすぐザーッとSNSを中心にチェック

②朝の通勤中にメルマガとオンラインサロンの情報をチェック

③会社で新聞チェック

④お昼にNewsPicksやブログをチェック

⑤帰りの電車の中で読書

⑥夜の隙間時間に読書の続きや、dマガジンをチェック

 

基本こんな感じで、日によってバランスが変わったりします。

 

 

Facebookは気になる人をフォローさせていただき、その方がオススメする書籍やシェアされている記事は目を通すようにしています。

そして、本はだいたい月に最低10冊は読みます。

 

最近、最高にヒットした本がこちら▼

『会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術』

 

 

8人の達人が、キャリア・人脈・企画・お金・マーケティング・起業について教えてくれるのですが、今の私にはピッタリの最強本でした。

特に面白かったのは、この3人のお話。

 

○安藤美冬さん(ノマドワークスタイル実践者)
○中村貞裕さん(アイスモンスター/bills/ヒカリエプロデューサー)
○楠本修二郎さん(カフェカンパニー代表取締役社長)

 

あまりに3人の話が素敵すぎて、ネットサーフィンならぬブックサーフィンしてしまうほど。

 

 

興味ある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

そして、オンラインサロンも素敵な情報ソースになっています。

月額500円程度のオンラインサロンから5000円強のオンラインサロンまで入会しています。

オンラインサロンって何?という方もいらっしゃると思うので、この話はまたご紹介したいと思います。

 

 

今日はこのあたりにしたいと思いまーす。

最後に、情報収集=インプットはとっても大事だと思いますが、アウトプットしてこそのインプットだと思っています。

有効なアウトプットの方法も今後ご紹介していきたいと思います。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL