GWにビル・ゲイツが実践していたTW(Think Week)に挑戦してみる!

LINEで送る
Pocket

 

前回の記事(月額11,260円払ってオトナの部活?『オンラインサロン』という新たな居場所)投稿後に、「オンラインサロン興味あります!」「興味あるけど、どうやって調べたらいいですかねー?」など、いくつかご連絡をいただきました(ありがとうございます!)。

まだまだ世の中全体に「オンラインサロン」というコミュニティが当たり前に存在しているわけではないので、いまいち始め方や調べ方がわからなかったりしますよね。まずは、DMMさんのオンラインサロンページ(https://lounge.dmm.com/)をご覧いただくと良いかもしれません。新しいこと始めたい方にはピッタリのコミュニティだと思いますので、ぜひ一歩踏み出してみてください。

 

Think Week(考える週)に挑戦してみようと思います。

さて、ゴールデンウィークが始まっていますが、今回は9連休の超大型連休ということもあり、特に予定の無い日もいくつかあるので、せっかくのこの機会に、『Think Week(シンク・ウィーク)』に挑戦してみることにしました!

 

Think Week(シンク・ウィーク)というのは
1週間ほど作業から距離を置き、クリエイティブなエネルギーを取り戻し頭を休めるという、
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが実践していた、年に一度の習慣です。

 

出典:Wikipedia

(左:スティーブジョブズ/右:ビルゲイツ)

 

ビル・ゲイツは毎年1週間、完全に業務から離れ、経営に影響を与える重要なテーマについて検討する習慣を持っていたそうです。そのおかげもあり、マイクロソフト社は重要な局面において正しい意思決定をすることができたとされています。

 

詳しくはこちらの記事もご覧ください▼

ビル・ゲイツが実践する「考える週」で人はもっとクリエイティブになれる

 

頭を休めるといっても、決して休暇ではないというのがポイントで、Think Weekは他人と少し距離を置き、静かな時間を過ごしつつ、やらなくてはいけないことに着手する時間です。 

複業を始めてから、アウトプットする機会が増え、効率よくインプットすることが重要になってきました。

せっかくの大型連休を使って手をつけられていなかった仕事に着手したり、頭をスッキリさせて、効率よくインプットしたい!ということで、Think Weekを実践してみることにしました。とはいえ、7日間をフルに使うことができないので、今回は5月3日~5日の3日間で挑戦してみようと思います。

結果はいかに!?

インプットは主に読書で行う予定です。最近はマーケティングやブランディング、企画に関する本を読み漁っています。普段はあまり手にとらない本にもジャケ買いして読んでみようと思います。

\ おすすめの本があれば、是非教えてくださいね /

 

LINEで送る
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL