欲しい!と思ったら即検索の私にみる購買行動モデル

LINEで送る
Pocket

 

最近、ヒトがどういう流れで「モノ」を欲しいと思い、どのように購入するのか、そんなことをずっと考えています。

広報の仕事って、この購買行動をきちんと理解することが大切だと思っています。

 

ちなみに私の場合。

信頼しているヒトやメディアがおススメしているモノ、特に本などは迷わず購入していることに気付きました。

でもそうではないケースもあります。

 

こんなケースもある

 

先日こんなことがありました。

出勤のために駅に向かう途中、私の前にお洒落な女性が歩いていました。

その女性が持っているバッグがとにかく可愛くて、欲しいな~と一瞬にして思いましたが、どこのブランドか分からない。

唯一の手がかりは「持ち手」に「MADE IN AMERICA」と書かれていること。

唯一の手がかりで早速検索

 

\ 検索結果 / 

 

す、すごい…

【持ち手 MADE IN AMERICA】で見つかった!!!

 

ということで、早速購入。

すごい時代になりました。

 

\ そして、次の日には届くという…/

 

 

こちらのバッグは、JURY NINEという2012年にポートランドでスタートしたバッグブランド。

オフィス兼ショップ兼工場もポートランドにあり全てアメリカ製にこだわっているそうです。

 

 

早速愛用していますが、めちゃくちゃ丈夫で、パソコンを入れても問題なしです。

あまりに気に入りすぎたので、写真のカモフラ柄に加え、ブラックも買っちゃいました!

値段もめちゃくちゃお買い得で、Mサイズで2,480円とか(楽天で見ると値段いろいろデス!)。

カラーバリエーション豊富なので、ぜひ気になる方はチェックしてください。

 

 

話を戻して、購買行動モデルの話を。

 

ソーシャルな時代となり、消費者の購買行動モデルも現在進行形で進化・多様化しています。

最も有名な消費者行動モデルが、アメリカのローランド・ホールが提唱した「AIDMA(アイドマ)モデル」

消費者はまず、その製品の存在を知り( Attention/注意)、興味をもち( Interest/興味・関心)、欲しいと思うようになり(Desire/欲求)、動機を求め(Motive/動機)、最終的に購買行動に至る( Action/行動)という購買決定プロセスを辿ります、というモデル。

 

そんな「AIDMAモデル」をインターネットが普及した現在に応用させたモノが、「AISAS(アイサス)モデル」です。

1995年に「電通」によって提唱されたモデルです。

消費者はまず、その製品の存在を知り(Attention/注意)、興味を持ち(Interest/興味・関心)、検索し(Search/検索)、購買行動に至り(Action/行動)、最終的にSNSでシェアをする(Share/共有)という購買決定プロセスを辿ります、というモデル。

 

出典:バイラルクラブ

 

 

まさに今回の私は「AISASモデル」の購買決定プロセスを辿りました。

信頼している人がSNSでシェアしているモノを購入してしまうケースも、まさに「AISASモデル」ですね!

ときには「検索」のプロセスは吹っ飛ばし、「共有⇒購買」というプロセスで購買に至ることも。

 

日常の自分の消費行動を振り返ってみると、購買行動を研究することができます。

皆さんもぜひ、自分の購買行動を振り返ってみてくださいー!

 

LINEで送る
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL