本から新しい視点を手に入れよう/「先生の学校#7夏の読書会」開催レポート

LINEで送る
Pocket

 

本日「先生の学校#7」を開催しました。

今回は、日本最大級の読書会コミュニティ一般社団法人Read For Action協会認定の読書会ファシリテーター黒澤さんをお招きし、「夏の読書会~本から新しい視点を手に入れよう~」というテーマで開催しました。

 

 

1冊の本をそれぞれ持ちより、ワイワイガヤガヤ話しながら気持ちをリフレッシュするような、新しい読書体験になりました。

 

 

本を読んでこなくてもできる読書会

 

今回企画した「読書会」には1つだけルールがありました。

それは、事前に本を読んでこないこと。

 

私も過去にいくつか「読書会」に参加したことがありましたが、本を読んでこなくていい読書会は初めてでした。

こんな本の読み方あるんだ。。。とアハ体験(=「あっ!」という不思議なひらめきを感じる体験)でした。

 

 

読書会の流れは、下記4ステップを繰り返していきます。

ーーーーーーーーーーーー

①本に対して、問いを立てる

②問いの答えを本から探す

③グループメンバーに問いの答えをシェア(共有)する

④そのシェアに対して、グループメンバーから感想や疑問を投げかけてもらう

ーーーーーーーーーーーー

 

グループでシェアする時間が多いので、グループ間のコミュニケーションが活発になり、チームビルディングにも活用できる読書会だなぁと思いました。

 

\ 大量の付箋を使います /

 

 

本を読むのが苦手な人でも大丈夫

 

今回の読書会では、事前に本を読んでくる必要もありませんし、読書会中は自分で立てた問いの答えを探し、シェアすることがメインになるので、本を読むのが苦手な人でも楽しめます。

実際に参加者の中にも「普段はまったく本を読みません」「本を読むのが苦手で…」という方がいらっしゃいましたが、終了後に感想を聞いたところ、「すごく楽しめました」「本を読みたいという気持ちが湧いてきました」という感想をいただくことができました。

 

 

この読書会は実際に教育現場でも活用されているようです。

実際の教育現場にこの読書会を持ち込み活動されている板橋区の某小学校のPTA会長さんが、事例を紹介してくださいました。

道徳の時間や総合学習の時間にこの読書会を取り入れているそうです。

 

 

この読書会は汎用性が高いので、教育現場でもすぐに活用できますし、会社のチームビルディングにも活用できそうです。気になる方は、一般社団法人Read For Action協会のサイトをチェックしてみてください。

 

かなり大盛り上がりの時間になったので、その後の交流会も時間いっぱい参加者の皆さんと充実した時間を過ごさせていただきました。

お越しくださった皆さま、ありがとうございました!

 

\ 次回は8月27日(日)開催です /

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL