フィンランドスタディーツアー03 ~森から学んだこと~

LINEで送る
Pocket

 

フィンランドスタディツアー2日目の午後は、ヌークシオにある「森の学校」へ。

電車&バスでヌークシオに到着。

 

 

早速宿泊施設に荷物を置き、森に飛び出した。

 

 

「森の学校」を運営するPekkaさん(中央)がまず案内してくださったのが、ここ。

 

 

ここで美味しいコーヒーとシナモンロールをいただく。贅沢の極み。

不思議と心が落ち着いて、自分と対峙する時間が続いた。

\ そして、森へ /

 

Pekkaさんの後に続き、森の中へ。

自然の温かみを感じる時間。

 

 

 

「森の学校」っていうけど、森から何を学べるんだろう?最初は、そんな風に思ってしまっていた私。

でも森の中を1時間以上歩き、草、木、木の実、花、虫、動物の声、動物の骨…いろんなものと対峙するなかで、あぁ自然があるからこそ、私は生きているんだ。そんなことを思った。

自然がなければ私は息をすることもできない。

 

 

夜ごはんも、最高に美味しかった。

\ サーモンにトナカイ /

 

Pekkaさんは、毎日最低4時間は森を歩き、森の声を聴き、森を守ってくれている。

私は、社会の一員、国民、市民として何ができるんだろう。

そんなことをずっと考える1日だった。

 

LINEで送る
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL