夢をかなえている人の共通点

おしりのアイキャッチ画像に惹かれてポチっとしていただき、ありがとうございます。

 

いま私は、週5日フルタイムで事業会社のサービスPRを担当しながら、学校の先生に社会と繋がる機会を提供する『先生の学校』という教育団体を主宰し、北欧フィンランドの教育視察ツアーを企画・運営したり、これまでに培った広報PRの知見を生かし、子供服のEC販売を行う会社さんで広報PRプランナーを担当し、はたまた不定期でSNS講座、プレゼンテーション講座などの講師として活動することもあります。

この働き方が「パラレルキャリア」「複業」あるいは「副業2.0」などと呼ばれて、新しいキャリアの築き方として注目を集めています。

 

私はこの働き方を始めたくて始めた、というよりは、自分のやりたいことに手を出しまくっていたら、この私の働き方に「パラレルキャリア」「複業」という名前が付いていた、という感じです。

 

パラレルキャリアによって出会う人の総量が増えた

私はパラレルキャリアを始めてから、出会う人の総量が増え、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、そのおかげで人生が豊かになりました。

例えば、広報PRプランナーの複業をしたことで、アパレル業界や出版業界など、今まで知らなかった業界の方と繋がることができました。また、SNS講座の講師を通して、それまでご縁がなかった自治体の方々とも知り合うことができました。

私が代表を務める『先生の学校』という団体では、これまでに20回以上のイベントを開催し、約800名の方にご参加いただきました。このイベントを通じて、参加者の方々や講師としてお招きした各業界の専門家の方々とも知り合うことができ、知見も人脈も大きく広がりました。

出会いや生きた学びがどんどん増えていく。そこから新しいご縁が生まれ、シゴトにも繋がっていく。その中で、生きる喜びが増していくのを実感しています。

 

 

夢をかなえている人の共通点

そんな沢山の出会いのなかで、世の中で大きく結果を出していたり、夢をかなえている人には、活躍している分野は違えど、ある共通点があることに気づきました。

 

それは、自分をよく知っているということです。

 

自分を知るというのは、これまで自分が何をしてきたのか、現時点ではどうなのか、これから何をしたいか、そのために何をすべきかがわかっている状態のことです。

 

夢をかなえている人たちは、まるで自分自身に取材をするかのように日々の経験をデータとして貯めていて、それを自分の今と未来に最大限活用しているからこそ、他の人にはなしえないことができるんだろうな、と感じました。

 

毎週末、ジブン会議

この共通点に気づいてから、私も「自分を知る」時間を毎週つくることにしました。

具体的には毎週日曜日の夜に「ジブン会議」の時間を30分間持つようにしています。
ジブン会議といっても、用意するのはノートとペンと、時間だけ。

その30分間を使って、自分の考えを吐き出していきます。

やり方は簡単。自分に問いかけ答えていくのみ。
たとえばこんな感じです。

「どんな1週間だった?」
「その出来事からの学びは何?」

「それを本当に続けたい?」
「うまくいっていることは何?」
「新しく挑戦したいことは何?」

などなど、自分に問いかけながら、答えをノートに書き出していきます。
そのとき、できる限りYES/NOで回答できる質問にならないようにしています。たとえば、「最近うまくいってる?」だとYES/NOで答えるしかありませんが、「最近うまくいっていることは何?」に変えると、具体的に答えるようになります。

こんな感じで、自分を知るために「ジブン会議」を行い自分の考えを整理しています。

この「ジブン会議」の話は、またゆっくりしたいと思います。

 

パラレルキャリアを始めるときには、まさにこの「自分を知る」ことから始めることになると思います。

 

9月8日(土)に出版させていただく本にもノウハウ詰め込んでますので、よければ読んでみてくださいね。

Amazonページはこちらから

 

この投稿へのコメント

  1. コルクラボ ホリ said on 2018年8月30日 at 8:31 AM

    自分のやりたいことに手を出しまくる
    →出会う人の総量が増える
    →インプット、アウトプット増える
    →毎週末、ジブン会議で「自分を知る」
    →やりたいことが明確になる
    この好循環、いいですね。

    ジブン会議みたいに、振り返りすることもなくはないけど、
    名称決めて、定期的に行うようにすると、楽しく続けられそうですね~
    「ジブン会議」始めてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL